ボーン・スプレマシー

人気ボーン・シリーズの第2段。 2004年公開。 前作、ハッピーエンドで終了してから2年後、平和な生活の中で過去の幻影に苦しむボーンの前に、ボーンの命を狙う者が現れる。 再び、争いの中に巻き込まれていくボーン。 最愛のマリーを殺され、ボーンは復讐に燃える。 今回も前回同様にリアリティ溢れるアクションが冴え渡る。 今回は特にカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボーン・アイデンティティー

マット・デイモン主演の人気シリーズ物。 CIAにて養成された最高の殺し屋、ジェイソン・ボーンの活躍を描いた映画。 2002年公開。 実はこのシリーズはダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドに強く影響を与えている。 それはこの映画が持っている徹底したリアリズム。 ド派手な爆破シーンなどはない代わりに、マッド・デイモンが本物の殺し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カウボーイとエイリアン

007ジェームズ・ボンドのダニエル・クレイグとハリソン・フォードのダブル主演という豪華な映画。 それにしても、このタイトル。 なんと言うか、これだけで興味を注がれる。 まぁ、はっきり言ってB級映画のノリ。 内容は、腕利きのガンマンがエイリアンの武器を手にして、エイリアンをテレビゲームのように撃ちまくるというもの。 テレビゲーム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローン・レンジャー

ジョニー・デップ主演の2013年公開作品。 ジョニー・デップが奇抜なメイクで演じるのは悪霊ハンター役。 そして彼が死の淵から蘇らせたヒーロー、ローン・レンジャーと共に巨悪と戦うというストーリー。 アメリカ西部開拓時代が舞台背景。 ディズニー配給の映画であるため、アメリカの子供達が描く西部劇のヒーローのイメージがこのローン・レンジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パシフィック・リム

2013年7月公開の巨大ロボットと巨大怪獣が肉弾戦を繰り広げるSF映画。 我々昭和世代にとって巨大ロボットといえば、マジンガーZに始まり、ゲッターロボなど非常に馴染みの深い存在。 子供の頃は巨大ロボットのパイロットになって活躍する夢想をして楽しんでいた。 それがこの映画が疑似体験できると思ったら大間違いである。 本作全編に流れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファミリー・ツリー

映画の舞台はこの世の楽園、ハワイ。 とにかく全編でハワイの美しい風景が描かれている。 しかし、物語は楽園らしくない悲しい事故から始まる。 主人公はハワイ、オアフ島の弁護士。 仕事中心の生活を送るうちに、妻や娘たちと疎遠になってしまっている中年男性。 ある日、突然妻がボートレース事故で意識不明の重体になってしまい、必要に迫ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボーン・レガシー

マット・デイモン主演で人気を博したボーンシリーズのスピンアウト作品。 これもiTunesでダウンロードレンタルして見ました。 アクションシーンは迫力があって見応えあるのですが、ストーリー展開が少し分かりづらいところもありました。 が、ストーリー自体そんなに難しくないので大丈夫です。 見所は現在のジェームズ・ボンド、ダニエル・グレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リンカーン

ハワイ旅行の機内で見るつもりでiTunesストアでipadにダウンロードしました。 結局、機内では見ずに旅行から戻った後、自宅で見る事になりました。 そのせいかどうかは分かりませんが、あまり集中してみることができませんでした。 途中から眠くなってしまいストーリーが分からなくなってしまったのです。 でもiTunesストアでのレンタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レイヤー・ケーキ

ダニエル・グレイグがジェームズ・ボンド役に抜擢されるきっかけとなった映画。 2006年公開のイギリス映画。 ジェームズ・ボンド役の時ほどマッチョな肉体ではないですが、 拳銃を構えた姿、高級スーツを着こなした姿のかっこよさなど、 007のプロデューサーがボンド役に推した理由が納得できます。 ストーリーの展開が少々分かりづらいもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイティ・ウクレレ

2012年に公開されたウクレレのドキュメンタリー映画「マイティ・ウクレレ」を DVDで見ました。 見る前はてっきりウクレレのライブDVDなのだろうと思っていたのですが、 完全にドキュメンタリー映画でビックリしました。 もちろんライブ映像も入っていますが。 ウクレレ奏者といえば、ハワイのジェイク・シマブクロが有名ですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No Damage

佐野元春さんの映画「No Damage」を見ました。 30年前にオリジナル上映されたフィルムを 完全デジタルリマスターして再上映しています。 ビデオやDVDで発売されている、 「Truth '80~'84」と同じ内容かな思っていましたが、 今まで見た事のない映像なども多くあって、 基本的な構成が違っています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒトラーの贋札

ナチス・ドイツによる国家的な規模の贋札事件ということで、 第二次世界大戦当時の国際経済的な背景などが垣間見れることを 期待して観たのだが、 意外にも収容所内での囚人たちの生きるか死ぬか、 または、 個人として生き抜くか国家のために死ぬかの選択に迫られた者たちを 描いたヒューマンドラマに徹していた。 作品全体を通して、収…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

007 慰めの報酬

出ました! 007映画。 いやー申し訳ない、と別に誤ることではないですが、 好きなんですよねぇー、007。 DVD全部持ってます。 決してDVDコレクターではないです。 007はやっぱり初代のショーン・コネリーが一番好きですね。 特に、1、2作目の若くキビキビした動きのあるコネリー・ボンドがいいです。 すでに渋みも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

重力ピエロ

伊坂幸太郎さんの同名ベストセラー小説が原作。 この小説を読んだ脚本家の相沢友子さんが伊坂さんにラブコールを送り続け、 ようやく映画化された。 とにかく不思議な魅力と軽さを持った映画だと思った。 一歩間違えると暗くドロドロしたドラマになってしまいそうなストーリーであるが、 主人公家族の「最強」の家族愛が全編に貫かれていて…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ブルー・ハワイ

私はハワイが好きです。 もちろん、ハワイアン・ミュージックも大好きである。 ということで今回は「ブルー・ハワイ」である。 エルビス・プレスリーに対する思い入れは特にないが、 1961年に製作された本作品では、 今のテーマパーク化されたワイキキとは違う、 エキゾチックな南の楽園という名にぴったりのワイキキを見ることがで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サボテン・ブラザーズ

前回に引き続き、今回は「おバカ映画」のアメリカ版を紹介したい。 好きなコメディ映画は数あれど、今のところ、本作が自分にとってNo.1 といっても過言ではない。 「ブルース・ブラザーズ」で有名なジョン・ランディス監督の 知る人ぞ知る名作である。 テレビのコメディバラエティ番組『サタデー・ナイト・ライブ』の 人気コメディ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下落合焼とりムービー

音楽映画好きの私はもうひとつ、「おバカ映画好き」という側面を持っている。 コメディ映画と言ってもいいのだが、コメディだとブラックコメディーなど、範囲が広くなってしまうので、やはり「おバカ」という表現が一番合っている気がする。 有名作品で思いつく「おバカ映画」いうと、「裸の銃を持つ男シリーズ」や「オースティン・パワーズ」などでしょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロック・オペラ「トミー」

私の音楽映画好きを決定づけた本作品の紹介をしたいと思います。 60年代から70年代のイギリスを代表するロックバンド「ザ・フー」が1969年に発表したアルバム「Tommy」を、イギリスの映画監督ケン・ラッセルが完全映像化した。 まだ、ミュージシャンのプロモーションビデオが一般化していなかった時代に生まれた本作品は、その後のプロモー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不確かなメロディー

ものすごい喪失感。 今の心境を一言で語るとこうなります。 5月2日、忌野清志郎が闘病生活の末、帰らぬ人となった。 本来であれば「忌野清志郎さん」と記述するところだが、個人的に25年来のファンであることから、親愛の意味も込めてあえて「清志郎」と書かせてください。 清志郎の近況として、ファンクラブ誌の最新号に2月頃の写真が小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィッシュストーリー

ミニシアター a GO GO、略して「ミニGO」の第一回目の作品紹介となります。 その記念すべき映画がこの「フィッシュストーリー」であることをとても嬉しく思います。 早すぎたために全く売れずに消えていってしまったパンクロックバンドが、1975年に最後のレコーディングとして録音した曲「フィッシュストーリー」が時空と空間を越えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more