パシフィック・リム

2013年7月公開の巨大ロボットと巨大怪獣が肉弾戦を繰り広げるSF映画。
我々昭和世代にとって巨大ロボットといえば、マジンガーZに始まり、ゲッターロボなど非常に馴染みの深い存在。
子供の頃は巨大ロボットのパイロットになって活躍する夢想をして楽しんでいた。
それがこの映画が疑似体験できると思ったら大間違いである。
本作全編に流れているのは人類が全滅するかもしれないという恐怖感と絶望感。
日本では巨大ロボットヒーローのパイロットはどんな苦境に立たされても決して死ぬことなどない。
しかし本作ではいとも簡単に死んでいく。
このあたりは最近の戦争映画に共通する世界観と似ている。
とは言うものの、やはり巨大ロボットと巨大怪獣がビルを壊しながら殴り合うのを観るのは面白い。
怪獣が海から登場するというのもゴジラを彷彿とさせて興味深い。
もし本当にこのような怪獣が現れたら、巨大ロボットでは歯が立たないのだろうなと思った。






パシフィック・リム 3D & 2D ブルーレイセット (3枚組)(初回数量限定生産) [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2013-12-11

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by パシフィック・リム 3D & 2D ブルーレイセット (3枚組)(初回数量限定生産) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック