ファミリー・ツリー

映画の舞台はこの世の楽園、ハワイ。
とにかく全編でハワイの美しい風景が描かれている。
しかし、物語は楽園らしくない悲しい事故から始まる。

主人公はハワイ、オアフ島の弁護士。
仕事中心の生活を送るうちに、妻や娘たちと疎遠になってしまっている中年男性。
ある日、突然妻がボートレース事故で意識不明の重体になってしまい、必要に迫られ、反抗期の娘たちとの交流を深めていく中で、自分にとって本当に大切なものが何であったのかを考えることになる。

ストーリー自体は重苦しくなる内容なのだが、登場人物たちを取り巻くハワイの風景の美しさ、映画全編に流れるハワイアン・ミュージックの優しさ、登場人物たちのどこかユーモラスな演技がこの映画をとても優しく暖かいものにしている。

特にハワイ好きには何度でも見れる映画なのではないだろうか。
主演はジョージ・クルーニー。
ジョージ・クルーニーが(あまり)さえない、どこにでもいそうなハワイの中年男性を演じているところが共感できる。
アカデミー賞、主要5部門にノミネートされ、脚本賞を受賞している。







ファミリー・ツリー [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2013-06-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ファミリー・ツリー [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック