サボテン・ブラザーズ

前回に引き続き、今回は「おバカ映画」のアメリカ版を紹介したい。
好きなコメディ映画は数あれど、今のところ、本作が自分にとってNo.1
といっても過言ではない。

「ブルース・ブラザーズ」で有名なジョン・ランディス監督の
知る人ぞ知る名作である。

テレビのコメディバラエティ番組『サタデー・ナイト・ライブ』の
人気コメディアン3人(スティーブ・マーティン、チェビー・チェイス、マーティン・ショート)を起用して製作された。

しかし、どうしてアメリカ人というのは、このようなスッ飛ばした「コメディ」を
作るのができるのだろうと、つくづく感心してしまう。

本作には、社会への警笛やブラックユーモア的な風刺は一切入っていない。
なのに不思議と一本筋の通った気概を感じる。
それは「笑い」というものに対する敬意、もしくは一流のショーマンマンシップから
くるものなのかもしれない。



サボテン・ブラザース [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

ユーザレビュー:
結構笑えます♪うわ? ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

サボテン・ブラザース [DVD]
カルチュア・パブリッシャーズ

ユーザレビュー:
あ????????? ...
お笑いとはこの監督が ...
喜劇のNo.1これを ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック