ロック・オペラ「トミー」

私の音楽映画好きを決定づけた本作品の紹介をしたいと思います。

60年代から70年代のイギリスを代表するロックバンド「ザ・フー」が1969年に発表したアルバム「Tommy」を、イギリスの映画監督ケン・ラッセルが完全映像化した。
まだ、ミュージシャンのプロモーションビデオが一般化していなかった時代に生まれた本作品は、その後のプロモーションビデオ作家たちに多大な影響を与えたと言われている。

ザ・フーのリーダーであり作曲家のピート・タウンジェントがケン・ラッセルに映画化の話を持ちかけた時、ロックに興味のなかったケン・ラッセルは最初この話を断っている。
しかし、ピートの熱意に負けてアルバムを聴いたケン・ラッセルは、この作品の持つ世界観に魅せられ、映画監督を引き受けたという逸話を残している。



トミー [DVD]
キングレコード

ユーザレビュー:
ピッチが気になるTo ...
ピンボールの魔術師こ ...
THE WHOのロッ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック